3次元金属積層造形機

パウダDED方式3次元金属積層造形機LAMDA

大形部品造形にも対応するパウダDED方式を用いた
3次元金属積層造形装置

LAMDA200
LAMDA_logo

特長

ローカルシールド

  • 大気の巻き込みを防止する局所シールドガスにより、チタン合金等酸化を嫌う材料の造形が大気環境中で可能
LAMDAイラスト

積層品質の向上

  • フィーバック機能によりメルトプールの状態を安定化し、積層品質を向上
  • モニタリング機能でメルトプールの状態を記録し、品質トレーサビリティを確保
LAMDAイラスト

スペック

形式 LAMDA200 LAMDA500 LAMDA2000 LAMDA2000
最大造形サイズ(mm) 200×200×200 500×500×500 2,000×1,500×1,600 2,500×900×1,000
レーザー出力(kW) 1・2・4・6
粉末供給ポット数 1(オプションで最大2ポットまで対応)
不活性ガスシールド 対応可能
主軸仕様 対応可能 N/A
NC軸テーブル 1軸・2軸テーブル対応可能
治具冷却 対応可能
機械サイズ(設置スペース)(mm) 4,000 × 2,600 4,100 × 5,000 12,000 × 6,500 7,000 × 5,500
機械質量(Kg) 2,500 7,500 44,000 12,000

その他サイズは下記お問い合わせ窓口までご相談ください

本製品は、国立研究開発法人新エネルギー・産業開発機構(NEDO)より技術研究組合次世代3D積層造形技術総合開発機構(TRAFAM)が受託した技術開発事業の成果を、三菱重工工作機械株式会社が活用し開発したものです。