• HOME
  • 製品情報
  • テーブル型横中ぐりフライス MHTシリーズ・MAF-EⅡシリーズ
横中ぐりフライス機

テーブル型横中ぐりフライス MHTシリーズ・MAF-EⅡシリーズ

大物ワークの高速・重切削加工から
金型・精密部品加工まで幅広い加工で生産を上げる
MHT・MAF-EⅡシリーズ

MHT1416
MAF130E2
MHTシリーズ
MHT1416
MAF-EⅡシリーズ
MAF130EⅡ
中ぐり主軸の直径(mm) 中ぐり主軸の直径(mm)
φ130 φ130
テーブル テーブル
作業面積(mm)
1,400×1,600
割り出し
0.001度毎割り出し(opt. 0.0001度割出、B軸切削回転)
積載質量(kg)
8,000(opt. 12,000)
作業面積(mm)
1,800×2,000
2,000×2,200
2,000×2,500
割り出し
0.0001度毎割り出し(opt. B軸切削回転)
積載質量(kg)
20,000
MHT1618
中ぐり主軸の直径(mm)
φ130
テーブル
作業面積(mm)
1,600×1,800
割り出し
0.001度毎割り出し(opt. 0.0001度割出、B軸切削回転)
積載質量(kg)
8,000(opt. 12,000)

特長

力強い加工を支える高剛性構造 MHTシリーズ

(1)コラム
高剛性と熱安定性を実現するセンターヘッド形ボックスコラムを採用。主軸を中心とした熱対象構造で、加工時の切削力による変形も極小としているため、加工精度の安定化を達成しました。

(2)テーブル
テーブル厚を従来機比30%アップ。高い剛性を誇り、大物ワーク積載時や重切削でも安心、高生産性をしっかり確保しています。

(3)ベッド
テーブルベッドとコラムベッドを強力に締結したT形構造を採用し、長期的な精度の安定化を実現しました。

MAF-E2

より大きなサイズをより高精度に加工する MAF-EⅡシリーズ

クラス最高レベルの主軸性能

小径ドリルによる高速回転加工、大径フライス工具による低速高出力加工、 大径ボーリングでの高トルク加工など、さまざまなワーク加工に対応します。

MAF-E2

中ぐり主軸の繰り出しはクラス最高の800mm

ワークへの接近性がよく、深穴のボーリング加工に最適

スピーディな動きで非切削時間を短縮

早送り速度: X,Y,Z軸 15m/min,W軸 10m/min,B軸 500 deg./min

MAF-E2

スペック

項目      /      形式 MHT1416 MHT1618 MAF130EⅡ
中ぐり主軸の直径(mm) φ130 φ130
テーブル 作業面積(mm) 1,400×1,600 1,600×1,800 1,800×2,000 2,000×2,200 2,000×2,500
割り出し 0.001 度毎割り出し
(opt. 0.0001 度割出、B 軸切削回転)
0.0001 度毎割り出し
(opt. B 軸切削回転)
積載質量(kg) 8,000(opt. 12,000) 20,000
各軸移動量 テーブル前後 X 軸(mm) 2,000(opt. 3,000) 3,000
スピンドルヘッド
上下 Y 軸(mm)
1,500(opt. 2,000) 2,000(opt. 2,500) 2,300
コラム左右 Z軸(mm) 1,300 1,600
中ぐり主軸左右 W軸(mm) 500 800
スピンドルヘッド 主軸回転速度(min-1 10~2,500(opt. 15~4,000) 5~2,500
主軸電動機出力(連続/30 分)(kW) VAC 22/26
(opt. 30/37)
VAC 30/37
ATC 工具本数(本) 40(opt. 80、120) 50(opt. 80、100)
機械質量(kg) 27,000 29,000 45,000 45,500 46,000