門形五面加工機

大形高精度加工機 MVR-Fxシリーズ

金型の段差ゼロ・形状誤差ゼロ・手仕上げゼロで
お客様の生産性を向上するMVR-Fxシリーズ

MVR30Fx MVR35Fx
コラム門内幅の距離(mm) コラム門内幅の距離(mm)
2,550 3,050
ワーク取付面から主軸端面 までの距離(mm) ワーク取付面から主軸端面 までの距離(mm)
std. 1,650
opt. 2,000
std. 1,650
opt. 2,000

特長

熱・振れ・ズレを排除する機械構造

(1)高剛性大形クロスレール
サドル移動による変形を排除するため、クロスレールの断面積を大きくとり、剛性を高めています。
(1)オーバーハングをなくした高剛性門型構造
オーバーハングをなくし、加工時のわずかな振動も増幅させません。
(2)3列ガイド構造
ワーク設置時にもテーブルのたわみが発生しないよう、中央にもガイドを配置しています。
(2)X軸ツインボールねじ
重量ワークを移動させるX軸は2本のボールねじで剛性をもたせ、かつテーブル幅のヨーイングも抑えます。

ボールねじ冷却
発熱源であるモータ・サポートベアリング・ボールねじナットを冷却して熱変形を抑制します。

ボールねじ冷却解説図

ゼロギャップドライブシステム
サーポモータをボールねじの両端に直結。バックラッシ、ボールねじのねじれによる運動精度悪化を防止し、加工パスのふらつきを抑えます。

ゼロギャップドライブシステム解説図
MVR-Fx特徴説明図
(3)高剛性シンメトリカル構造
機械本体の熱変形防止のため、左右対称構造を採用しました。
(3)サーモスタビライザコラム
気温変化の影響を受けにくいサーモスタビライザコラムを採用しました。
(3)幅広コラム
加減速時に発生する力や切削反力も、幅広コラムと4列ガイド(ダブルコラムの前面・内側面に配置)でしっかり支えます。
MVR-Fx特徴説明図02

多本数工具での平面加工例

誤差イメージ写真

基準面に対する最大誤差

5μm

精密主軸とそれを支える安定した機械構造により、工具刃先位置のズレを排除し、形状誤差をより小さくすることが可能になります。

誤差の図と解説

スペック

項目 / 形式 MVR30Fχ MVR35Fχ
テーブル 作業面積 幅(mm) 2,000 2,500
長さ(mm) 3,000
(opt. 4,000、5,000)
4,000
(opt. 5,000)
積載質量(ton/m) 20 25(opt. 30)
コラム門幅(mm) 2,550 3,050
主軸端からワーク取付面までの距離(mm) 1,650(opt. 2,000)
主軸頭 ラムの大きさ(mm) □420
主軸回転速度(min-1 20,000
主軸電動機出力(連続/30分)(kW) 18.5/22
ATC工具本数(本) 40(opt. 60、80、100)
機械質量(kg/ 作業面長さ mm) 55,400/3,000 64,300/4,000